ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー

ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー2018 桂林ゆき子さんが栄誉に輝く

ダスキン ライフケアでは、より質の高いサービスをめざして心のこもったサービスをおこなったスタッフを称えるとともにその体験を全員で共有しています。

ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤーとは…

ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤーケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー全国の各拠点で一年間にお届けしたサービスの中から、ダスキン ライフケアがめざす「コンパニオンシップ・サービス」によって、地域社会に貢献したその年の代表となる事例を決定し、それに携わったケアスタッフを称えるものです。
選考は、医療福祉関係などの第三者機関の有識者にお願いしており、ケアスタッフの体験を全員で共有することで、サービス品質の向上につなげています。ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー

2018年ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤーを受賞された
桂林ゆき子さんの事例です。

桂林ゆき子さんプロフィール桂林ゆき子さんプロフィール

高品質のサービスを目指して
社会への参加や家族の絆を取り戻す働きかけ

ダスキン ライフケアは、介護保険を使わない家族介護のお手伝いサービス。日常の生活支援から、通院・外出の付き添い、認知症高齢者の見守りなど、制度外ならではの自由できめ細やかな対応が可能。利用者の満足度やQOLを高めることが期待できる。

「ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー」

ダスキン ライフケアでは年に1度、全国106店舗から優秀事例を募り、その中で同社のサービス理念を最も体現したスタッフを「ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー」として表彰する制度がある。

2018年度の「ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのが、東京都の調布国領ステーションのケアスタッフ桂林ゆき子さんのケースだ。

家族に代わって手助け

2017年秋、病院のソーシャルワーカーさんから調布国領ステーションに1本の電話が入った。「自宅での生活を希望されている患者さんがいるのですが、家族のサポートが全く望めないので、ダスキンさんが家族に代わって手助けしてもらうことは可能ですか?」との相談だった。

依頼者は80代男性のAさん。同ステーションのオーナーでもある足立順子マネジャーは、「電話の内容から退院を迫られている状況と、家族間で何らかの事情があることはすぐに察しました」と当時の状況を振り返る。

退院に向けたカンファレンスに参加し、温厚そうな老紳士のAさんと対面すると、Aさんは「別れた家族には迷惑をかけたくない」との言葉を繰り返すばかりだったという。 Aさんは会社を経営してきたが、家庭を顧みなかったため、奥さんと離婚。2人の娘さんからも「死んでも知らせないで」と絶縁状態になっていた。

ケアスタッフとお客様

退院後も独り暮らしのため、介護保険の利用と、ダスキン ライフケアを週3回2時間(食事、掃除、洗濯などの生活支援)、スポットで5時間(通院同行、外出同行)利用することで、在宅での生活を組み立てることになった。退院までの日がなく、ケアスタッフの手配もままならない中で、足立マネジャーが指名したのが、桂林さんだった。足立マネジャーは桂林さんを「頑張り屋さんで、気配りができる人」と評価する。

桂林さんが訪問すると、当初は元気がなかったAさんも、桂林さんの人柄や仕事ぶりに触れ、徐々に笑顔を取り戻すようになった。キッチンに立ち、調理をしていると、「美味しそう!久しぶりに心が癒されてうれしい!」とAさん。離婚して以来、何年も手料理を食べていなかったのだと桂林さんは気が付いた。

いつしか桂林さんの訪問を心待ちにしてくれるようになったAさん。家族関係の話についても、重い口を開くようになった。「妻には感謝の気持ちを伝えるのが下手だった…」「娘達には辛い思いをさせてしまった…」。桂林さんはAさんが、家庭を顧みなかったことを深く後悔していることを知った。そんなAさんの家族に対する想いを、桂林さんはサービス実施記録 に書き留め、オフィススタッフと共有した。

そんなある日のこと。Aさんはテレビでオリンピックの中継を見ながら、くつろいでいたところ、突然発作を起こした。その日サービスを担当したコーディネータの永友史子さんが、救急車を呼び、病院まで搬送・同伴したが、Aさんはそのまま帰らぬ人となった。

ご家族に届いた温もり

検視の後に、刑事課長が身内を探し、娘さんに連絡を入れたところ、「父とは長年、縁を切っているので引き取るつもりはありません。市役所に連絡してください」と頑なに拒否。刑事課長の長時間に渡る説得があり、ようやくその日夜にAさん宅を訪れた娘さん達。現場検証が済んだ後、足立マネジャーが普段のAさんの様子を伝え、サービス実施記録に目を通すようにお願いした。

読み進めるうちに、介護を受ける父親の姿や家族に対する気持ちを知り、娘さんの目からは涙があふれてきた。そして、「オリンピック中継を見ながら、スタッフさんと会話している最中に最期を迎えられたのは、晩年の父にとって最も幸せな亡くなり方だったと思います。父の想いを知ったことで、私たちも素直に父を引き取る気持ちになれました。ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えられた。

ケアスタッフの人柄や仕事ぶり、オフィススタッフの献身的なサポートが、途切れていた家族の縁を繋げた、まさに「ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤー」と呼ぶに相応しい事例と言えるだろう。

※守秘義務により、サービス事例の内容は一部変更しています。

ケアスタッフ大募集!

わたしたちと一緒に、ご高齢者とご家族のお手伝いをしませんか。

ご高齢者の暮らしをお手伝いするケアスタッフ大募集!「自分らしく、そして誇りを持って働きたい」ダスキン ライフケアなら可能です。

お問い合わせフォーム

ご応募はお問い合わせフォームから「スタッフ希望」と入力し、ご応募ください。

ケアスタッフ募集情報

各店舗のケアスタッフ募集情報をお探しいただけます。

全国でケアスタッフ募集中 採用情報・インタビュー・お仕事紹介など、お仕事情報はこちら

ケアスタッフについて

全国でケアスタッフ募集中 採用情報・インタビュー・お仕事紹介など、お仕事情報はこちら

お客様向けアンケート結果

お問い合わせ

お困りごとやサービスについてなど、担当者が丁寧にお答えします。
お近くの店舗を探して直接お問い合わせいただくことも可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ 店舗を探す

ダスキン コンタクトセンター

0120100100
0120100100

8:00-20:00・年中無休